無意識にできるレベルまで続けましょう!

ダイエット

茨城、千葉でパーソナルトレーナーとして活動している坂本孝宏です。

ここ数日間で2016年に読んだ本のご紹介をしてきました。

昨日は12月の読書と年間のまとめについての記事を書きました。

2016年の読書 〜12月編&総集編〜

2017.01.08

こちらの記事は年間を通して読書をしていたので、

すっかり習慣化されているという話を書きましたが、

今回はその「習慣」に関するお話をしていこうと思います。

 

人々の生活というのは、

ほとんどが習慣で成り立っています。

例えば、朝起きて、仕事に行って、帰宅するまで、

毎日同じような流れで過ごしていることが多いですよね?

それも習慣の一つです。

習慣とは、反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のことです。

(Wikipediaより引用)

習慣化するのにも段階があります

習慣というのはいきなり身につくというものではありません。

習慣には次の4つの段階があります。

  1. 知らない
  2. 知っている
  3. できる
  4. やっている

 

まず第一段階は「知らない」という段階からスタートします。

ダイエットで言うならば、どうやって痩せれば良いか知らないという状態です。

この次の段階が「知っている」という段階です。

これはダイエットをするにあたって雑誌やインターネット、

テレビなどで得たダイエットに関する知識で、

それを行うことでどんな効果があるのか知っているけどやっていないという状態です。

ほとんどの方がこの段階で留まっていることが多いです。

痩せるにはどうすればいいかわかっているけどできない・・・という状態ですね。

この「知っている」という段階を抜けると第3段階の「できる」という段階になります。

習慣化するために日々繰り返し始めている時です。

この段階ではまだ意識してこなしている段階なので、

継続するために意志の力が必要だったりします。

ここが大変で多くの方は続かなくなってしまいやめてしまいます。

「できる」段階でのポイントは頑張りすぎないこと!

これは性格的なものも関係はしてくると思いますが、

始めたばかりの時というのは、気合いも十分なのでいいのですが、

日が経つにつれてモチベーションが下がっていたり、やる気のない日もきっとあると思います。

やがてそれが苦痛になってしまい続けることができなくなってしまいます。

きっと経験のある方も多いと思います。

ちょっと力を抜いて、余裕を持って臨むくらいがちょうどいいです。

抜きすぎちゃうという方は、サポート役になる方を付けるのをオススメします!

(例えばダイエットであれば、パーソナルトレーナーなど)

 

「できる」段階を抜けると最後の「やっている」という段階になります。

これはやるのが当たり前になっている段階です。

ここまできたらあまり意識をせずにできているので、習慣化できているという状態になります。

「やっている」というのと「知っている」というのでは雲泥の差があります。

結果も大きく変わってきます。

 

習慣を身につける上でまず最初にやっていただきたいのはこれです!

それは「習慣の断捨離」です。

自身の今の生活を振り返り、不必要な習慣をやめるということです。

不必要なものがなくなることで、新しいものをやる余裕ができます。

「痩せたいけど、今食べてるものは変えたくありません!」では痩せるはずもないですよね!

何かを得たければ、何かを手放さなければなりません。

良い習慣を身につけるのと同時に、不必要な習慣もやめるようにしてみましょう!

 

まとめ

習慣とは自分の意志の力はあまり使わずに行動できる状態のことです。

そして習慣には、知らない→知っている→できる→やっているという段階があります。

できるという段階では頑張りすぎないようにすることが大切です。

やっているという状態になって習慣が身についたという状態になります。

そして良い習慣を身につけるのと同時に今の生活の中での悪い習慣をやめましょう!

 

これから何か習慣を身に付けたいという方はぜひ参考にしてみてください!

 

パーソナルトレーナー

坂本孝宏