シュガーホリックになっていませんか?

ダイエット

茨城県つくば市、守谷市、千葉県柏市でパーソナルトレーナーとして活動をしている坂本孝宏です。

 

  • お菓子や甘いものがないとイライラしてしまう。
  • それらを口にしないと口寂しい。

 

こんな経験はありませんか?

 

それはもしかしたら、「シュガーホリック」の可能性があります。

「シュガーホリック」とは、「砂糖中毒」のことです。

なぜ甘いものを食べるとホッとするのか?

 

糖分は脳内の神経伝達物質で快感を促す「ドーパミン」や、

落ち着いた気持ちにする「セロトニン」の分泌を促します。

だから、甘いものを食べるとホッとするということですね!

 

  • 糖類は大きく分けると単糖類と多糖類がある!

 

食べてすぐに甘いと感じる、砂糖、チョコレートなど、ブドウ糖や果糖でできているのが単糖類

お米やうどんなどの主食、穀物などが多糖類となります。

単糖類はすぐに吸収され、すぐに血液へ血糖(グルコース)という形で流れ込みます。

体内で急速に吸収されるため、血糖値も急激に上がります。

 

急激に血糖値が上がるとどうなるのか?

 

血糖値が急激に上がれば、その分下がるのも速く、

血糖値が下がると脳はまた「空腹」と勘違いして糖分を求めます。

これがイライラやシュガーホリックの原因となったりします。

 

みなさんが日頃食べたりするおやつの甘いチョコレートやお菓子など。

・食べ始めたらいつの間にか無くなっている

・半分だけと思ってあけたら全部食べちゃった

・小袋だからと思いつつも1袋では止まらず結局たくさん食べてしまう

 

こんな経験はありませんか?

きっと、あ!これ私だ!と思った方も多いと思います(笑)

 

  • シュガーホリックかも?という方はこうしてみましょう!

 

単糖類のお菓子ではなく、吸収が比較的ゆっくりな多糖類の食品、

食事をとる習慣をつけていきましょう!

少しかための食べ物がオススメです。

 

しっかりと噛むことによって食事のスピードが遅くなれば、

糖類の吸収も遅くなり、血糖値の上がり方もゆるやかになります。

ゆっくり上がれば、下がるのも遅いので、腹持ちも良くなります。

あなたの体は日頃食べたものによってできています。

日常的にお菓子や甘いものを食べている方は、

ぜひ参考にしてみてください!