ダイエットの食事のポイントは「マゴワヤサシイ」

ダイエット

茨城(つくば市)、千葉でパーソナルトレーナーとして活動している坂本孝宏です。

 

先日、女性の方から、LINE@でこんなご質問をいただきました!

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”ダイエットを始めようとしているSさん”] ダイエットをするにあたってどんなものを食べれば良いですか?[/speech_bubble]

 

今回はそれに対する回答を書いていこうと思います。

 

まずは自分が普段どんなものを食べているのかを知ることが大切

 

案外、自分が食べたものって覚えていないことが多いです。

・昨日の間食に何を食べたか覚えていますか?

・3日前の夜ご飯は何を食べましたか?

まずはここをチェックして、自分がどれぐらい食べているのかを把握してみましょう。

写真に撮っておく、もしくは食事内容をメモしておくことをオススメしています。

 

今のあなたの体の状態は、あなたが選んで食べて、吸収した食べ物の結果なので、

今の食生活を改善しないまま体を変化させようとするのは難しいと思います。

 

ダイエットにミネラルとビタミンは外せない!

 

食べ物には五大栄養素というものがあります。

五大栄養素の中で、三大栄養素と呼ばれているのが、

タンパク質(P)、脂質(F)、炭水化物(C)です。

この三つを除いたあと二つがミネラルビタミンです。

ミネラルとビタミンはカロリーはありませんが、

体の代謝に大きく関わっています!

 

ある食べ物の総カロリー(Calorie=C)に対して、

ミネラルやビタミンなどの栄養素が、

どれだけ含まれているかという栄養的な価値(Nutrient value=N)を示す比率をN/Cレートと言います。

 

N/Cレートが高い食事と低い食事

 

N/Cレートが低い食事というのは、

カロリーに比べて栄養的な価値が低いものになります。

例えば、スナック菓子、白砂糖、清涼飲料水、ファーストフードなど。

 

食べる量を抑えるだけだったり、

低カロリーなものばかりを選んだりしているダイエットをしている人の多くが、

N/Cレートを考えずにカロリーしかとれないものや、

低カロリーでもミネラル・ビタミンもまったくないものを選んでいます。

 

精製された食べ物は、基本的にミネラル・ビタミンが不足し、

すなわちN/Cレートが低いものが多いです。

 

逆にN/Cレートが高い食事というのは、

カロリーに比べて栄養的な価値が高いものになります。

ここで出てくるのが「マゴワヤサシイ」です!

 

「マゴワヤサシイ」とは?

 

日本の昔からある食品の総称を、マゴワヤサシイ食品と呼びます。

マ・・・豆類

(味噌、納豆、豆腐、大豆、小豆、湯葉など)

ゴ・・・ゴマなどの種子類

(ナッツ、くるみ、アーモンドなど)

ワ・・・ワカメなどの海藻類

(ひじき、昆布、もずく、のり)

ヤ・・・野菜類

(緑黄色中心)

サ・・・魚類

(小魚、青魚)

シ・・・シイタケなどのきのこ類

(舞茸、エリンギ、きくらげ、えのき)

イ・・・イモ類

(里芋、さつまいも、山芋)

 

これらを主菜、副菜として、

さらに玄米やお味噌汁をプラスした食事が、

内臓にあまり負担をかけずに消化吸収をしてくれて、

さらにはミネラル・ビタミンを豊富にとれる高N/Cレート食品と言われています。

 

お菓子やお酒のようなN/Cレートが低いものを絶対とってはいけないということではなく、

自分の体に何が必要で、何が無駄なのかを判断できるようにしていただきたいなと思います。

たまにの嗜好品として、とる分にはすぐに太ってしまうこともないので、

トータルバランスを保てるように調整していただければ良いと思います。

 

生まれつき太りやすい体質とか、

忙しいので運動不足という前に、

マゴワヤサシイのような食事をとれているか見直すことがダイエットには大切です!

 

今日も素晴らしい「笑顔」とありがとうを忘れずに!

パーソナルトレーナー

坂本孝宏

 

LINE@で食事に関するご相談も受け付けております!

お気軽にお問い合わせください!